日本無機株式会社

ENTRY

日本無機について

TOP > 採用情報 > 日本無機について

Make a clean value -
新しい価値を創造し続ける

フィルタ、クリーン機器、ガラス繊維製品 -
環境事業の担い手として一歩進んだ新たな価値の提供し続けます

わたしたちは、人々の快適な暮らしと環境負荷低減に寄与する製品の開発や新技術の創出に向けて果敢に挑戦し続け、世の中の皆さまから信頼される企業であるため、 新しい価値を創造し続けます。

日本無機がつくっている製品

フィルタ

フィルタ

ビルの空調設備に使われるフィルタから、工場のクリーンルーム用フィルタまで。環境負荷の少ない製品を開発・提供しています

クリーン機器

クリーン機器

目覚ましい進歩を遂げるエレクトロニクス、バイオテクノロジーの先端技術など、あらゆる産業に当社のクリーン技術が貢献します。

ガラス繊維製品

ガラス繊維製品

身近な暮らしの裏側にも、日本無機のミクロの技術が。ガラス繊維を用途に応じてさまざまな形態に応用します。

身近なところで活躍する
日本無機

日本無機のテクノロジーは、オフィスビルや商業施設などの空調設備、食品・半導体工場や大学・研究機関のクリーンルーム、
さらには火力発電所の吸排気設備まで、さまざまなところで活用されています。

  • オフィスビル

    オフィスビル

  • FPD工場

    FPD工場

  • 病院

    博物館

  • 博物館

    病 院

オフィスビル

オフィスビル
オフィスビルなど人が多く利用する建物はビル管理法により衛生的環境の確保が義務付けられています。大気中には塵埃、微生物、化学物質などが含まれており、とりわけ、昨今問題になっているPM2.5(微小粒子状物質)は肺の奥まで入り込みやすく、喘息や気管支炎など重要な悪影響を引き起こす物質として問題視されています。当社のPM2.5対策フィルタは、給気の際にPM2.5濃度を低減することで、働く人の健康保持に貢献しています。

FPD工場

FPD工場
FPD(フラットパネルディスプレイ)とは、液晶ディスプレイ、プラズマディスプレイ、有機ELディスプレイなどに代表される薄型で平坦な画面の映像表示装置の総称です。TVを始め、PCディスプレイ、スマートフォンなど、いまや皆さんの生活必需品ともいえる機器に搭載されています。FPDの製造工程には、回路設計から点灯検査まで20を超える工程があり、それぞれの工程には、いずれもクリーン環境が要求されており、フィルタは欠かすことのできない重要なファクタの1つと位置付けられています。

博物館

病院
博物館・美術館では、貴重な資料の状態を維持したまま保存するため、適切な環境保持が求められます。特に通常のフィルタでは除去できないガス状汚染物質(酢酸、アンモニア、ホルムアルデヒド等)による資料の化学的劣化を防止するため、日本無機のケミカルフィルタが超微量ガス除去の場面で活躍しています。

病 院

博物館
病院などの医療施設は清浄度によりⅠ~Ⅴにクラス分けされ、清浄度、室内圧、温湿度等が維持管理されています。例えば、クラスⅠ(高度清潔区域)に分類されるバイオクリーン手術室では、HEPAフィルタが要求されます。HEPAとはJISの規格で0.3μm(マイクロメートル)の粒径のゴミを99.97%以上の効率で取り除くフィルタのこと。このような高性能フィルタは、日本無機の得意分野です。

結城工場について

最先端技術で、
時代に先駆けたクリーン化製品の芽を育てます

結城工場は、茨城県西部の町「結城市」の結城第一工業団地で1961年に創業開始した55年の歴史を誇る工場です。9万7千㎡(約3万坪)の工場敷地は130本の樹齢55年の桜に囲まれ、また構内にも「無機の恵」と名付けられた森林を創業当時のまま保っている、まさに「環境創造型企業」の名に相応しい緑豊かな工場です。
東北新幹線を使えば東京駅まで約1時間と、首都圏へのアクセスにも優れた好立地です。