日本無機株式会社

ENTRY

杉本 数弘

TOP > 採用情報 > 社員を知る > 杉本 数弘

杉本 数弘

工学部 機械工学科

2008年入社 結城工場 フィルタユニット部設計課

現在の仕事内容

フィルタの設計を担当しています。フィルタユニット部設計課では、製品仕様の検討、図面の作図、価格見積り、取引先や営業部門からの技術的な問合せまで担当します。また現有製品の改良や材料変更の検討も私たちの担当です。

設計の仕事は、全ての工程の出発地点に位置していて、ものづくりのスタートポイントとなります。そのため、私たちの仕事に間違いがあれば、多くの方に影響を与えてしまう点で、非常に重要な役割だと思っています。

MTGの様子
Q.
当社を志望したきっかけ
A.
私の実家は静岡のお茶農家ですが、農業が土壌汚染や環境破壊に繋がることもあります。そこで実家では、農薬や化学肥料を使わない無農薬栽培に取り組んでいました。こうした環境で育ったため、日本無機で空気清浄に取り組んでいくのは面白そうだと感じたのです。
Q.
仕事の取り組み方、大事にしていること
A.
コミュニケーションを積極的に取ることを心がけています。設計が良いと思っているものが、必ずしも市場で受け入れられるとは限りません。そのため営業部門や製造部門などと定期的に打ち合わせを行い、仕事を進めています。
私たちが取り扱っているのはフィルタですが、クライアント側ではクリーンルームなどで使用するパーツの一部に過ぎません。そのため、フィルタだけに目を向けずに、周辺の知識も吸収し、総合的に考えていく必要があります。クライアントがどのような現場で、どのように使用するのかをしっかりと把握して初めて、ニーズに的確に応えた製品設計ができるのだと思っています。
MTGの様子
Q.
学生へのメッセージ
A.
当社の特徴は、会社の雰囲気が良く、向上心の強い方が多くいることだと思っています。現在の日本無機があるのは、先輩社員が常に新しい挑戦をしてきたからです。フィルタに関しても、先輩社員たちが技術を習得し、特許に関する勉強や規格書の読み込みを行った結果、新製品が市場に受け入れられて事業化に成功してきたのです。そこで私たちも、若手の社員が集まって勉強会を開催するようにしています。当社は大企業ではありませんが、私たち設計者がお付き合いするのは、一流企業のトップエンジニア達です。そこでは、フィルタ業界のプロとしての知識や技量が試されます。無知であることを放置せず、常に勉強を続けることが大事だと思っています。

「仕事を知る」ページに戻る