日本無機株式会社

ENTRY

内木場 あやの

TOP > 採用情報 > 社員を知る > 内木場 あやの

内木場あやの

新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻

2014年入社 開発センタ

現在の仕事内容

新製品開発を担当しています。わたしは主にオフィスビルや商業施設、医療施設の空調システムに使われる「中性能フィルタ」の開発を担当しています。

わたしたちの「開発センタ」は、2016年に設立した新しい部署です。新製品開発の活発化を狙って、色んな部門の若手エンジニアを集め独立させた部署なので、開発テーマに取り組む以外にも、ニーズの発掘や、開発そのものの在り方を変革させる等、今までと違った側面から、新しいものを生み出すために私たちができることを部署全員で模索しています。

仕事の様子
Q.
当社を志望したきっかけ
A.
就活では多くの会社を訪問しましたが、会社の良いところだけを見せようという雰囲気になんとなく気持ち悪さを感じていました。そんな時、日本無機を訪問し、選考の過程で先輩社員に何でも質問できるチャンスがあったのですが、そこで仕事のありのままを語っている先輩がいたのです。
その方は「仕事なんてつらいことだらけだよ」と言いながら、自身の仕事を活き活きと語っているのを見て、つらいこともたくさんあるけど、本当に仕事を楽しんでいるんだな、ということが良くわかりました。"よそ行き"ではない本当の魅力に触れられたと感じ、大きく惹かれました。
Q.
仕事の取り組み方、大事にしていること
A.
爪痕を残すこと。
会議や講習、プレゼンに出席しただけで何もしないのでは、知識が頭に詰まったとしても、せっかくの自分の時間が丸々無駄になると思うんです。
無駄な時間を過ごしてしまったと後悔しないために、必ず何か発言したり、そこで感じたことや取り入れられそうなことを報告書でどんどん発信するようにしています。
何かに参加したら、必ず1回以上は「発言する」と心に決めています。
最初は知識も乏しく、質問内容が思いつかなかったり、おかしな発言をして恥をかくことも多かったですが、無理やりでもひねり出していたことで、なじみのない内容でも自然に興味を持って聞くことができるようになり、最近では世界が広がっていくのを楽しく感じています。
仕事の取り組み方
Q.
学生へのメッセージ
A.
「またいつか巡り合えるとやり過ごしてしまったらいくら待ってもチャンスは来ない」私が好きな本の一節です。
初めて社会に出るときは全貌がわからず(今でもわかりませんが)自分なんかがこんなことして良いのだろうかと不安で仕方ないと思います。
でも、初めから一人前の人なんていません。会社もきっとそんな期待はしていないと思います。
それなら、やらずに後悔するよりやって失敗して学ぶ方がずっといい。成長する近道だと思います。
いつでもチャンスが来たら、それが最後のチャンスだと思って取り組んでみてください。

「仕事を知る」ページに戻る