日本無機株式会社

ENTRY

安野 昇太

TOP > 採用情報 > 社員を知る > 安野 昇太

安野 昇太

政経学部 経済学科

2015年入社 結城工場 業務部 資材課

現在の仕事内容

当社の主力製品であるエアフィルタに使用される各種部材の購買業務を担当しています。取引先への発注業務をベースとし、価格折衝、納期管理、在庫管理はもちろん、時には取引先へ出向いての品質監査を行うこともあります。

エアフィルタを構成している部品数は少ないですが、それぞれの種類はかなり多く、メイン部材である「ろ紙」だけでも50種類もあり、取引先数としては約100社(うち10社が海外企業)にも及びます。その多くの取引先とやり取りするには、自社の製品についてはもちろん、部材自体の製造工程や世界情勢による価格の変動まで、幅広い知識が必要となります。私も最初は全く知識がなく苦労することも多かったのですが、上司や先輩のご指導により、今では様々な知識を身に着けることができるようになってきました。それと同時に取引先といろいろな会話や折衝ができるようになり、仕事自体を面白いと感じるようになりました。

仕事の様子
Q.
当社を志望したきっかけ
A.
もともと「ものづくり」に興味があったのですが、就職活動をしている中で「エアフィルタ」というニッチな業界でシェアNo.1であるという強みに魅かれたことがきっかけでした。
その後、実際に面接や会社見学を通じて、高い技術力を目の当たりにし、また会社や従業員の雰囲気も自分に合っていると感じ、志望を決めました。
Q.
仕事の取り組み方、大事にしていること
A.
常に適正な在庫量を維持するために、社内の他部門や取引先との連携を密に取ることを意識しています。
エアフィルタの部材のほとんどは、発注から納品までに1~2ヶ月を要します。そのためかなり先の受注動向まで正確に予測することが最重要課題となります。予測が少なすぎると在庫が切れてしまい、逆に多いと過剰在庫となってしまいます。常に適正な在庫をキープすることが資材マンの使命です。そのためには、購入先メーカーの生産状況を把握するなど、常にリスクを回避できるよう細心の注意を払っています。

責任が重い仕事ではありますが、納期通り部材を納入し、お客様の希望通りに製品を納品でき感謝いただけたとき、とてもやりがいを感じます。
仕事の取り組み方
Q.
学生へのメッセージ
A.
就職活動中はいろいろなプレッシャーがあり大変だと思いますが、最後まで諦めずに頑張ってください。
妥協せずに続ければ、きっと自分に合った仕事が見つかると思います。

就職活動の経験は、今後の人生において間違いなくプラスになります。自分が希望する業界だけにとらわれずに、いろいろな業界に目を向けてみることもお勧めします。みなさんの就職活動がうまくいき、自分に合った仕事に出会えることを願っています。

「仕事を知る」ページに戻る